海外でやけどをした際の応急処置方法!「歯磨き粉」をつかった治し方を教えます!

海外でやけどをした際の応急処置方法!「歯磨き粉」をつかった治し方を教えます!

みなさんこんにちは!松原です!

海外で慣れない生活を送っていると怪我もつきものです。

ちょっとした拍子に起きてしまうやけどもそのひとつ。

本日は海外でやけどをしてしまった際の応急処置方法をお届けです!

SPONSORED LINK

 やけどには歯磨き粉が効く?

f:id:nobuhidematsubara:20180713020724j:plain

今回、バングラデシュに来ている日本の先輩がちょっとした拍子に手首をやけどしてしまいました。

最初は水で冷やしていたものの、現地の人に話を効くとなんと「歯磨き粉をぬれ!」とのこと。

 

現地ではとても一般的な処置方法のようで、半信半疑ながらも調べてみると歯磨き粉には炎症を抑える成分が含まれており、それがやけどにも効いているもよう。

なので、その言葉を信じて塗ってみました!

f:id:nobuhidematsubara:20180713021148j:plain

今回使用したのはこちら。ホテルに置いてあったローカル歯磨き粉。現地の友人がこれでいいと言ったのでこれを塗ってみることに。

f:id:nobuhidematsubara:20180713021427j:plain

この歯磨き粉は研磨剤の入っていないタイプ。いわいるクリーム状の歯磨き粉です。

f:id:nobuhidematsubara:20180713021848j:plain

実際に塗ってみるとこのような感じです。やけどにはラップを巻くのも効果的と言われていますが、その理由は傷口と空気との接触を防ぐ点にあります。

その文脈で言うと、このクリーム状の歯磨き粉を塗ることで空気との接触を遮断する効果もあると思われます。

 

実際に塗った後は本人もいくぶん良くなったように感じているよう。

 

なかなか日本では聞かない処置方法ではありますが、バングラデシュだけでなくインドネシアやタイでも広く知られている方法のようなので効果は期待できそうです。

 

みなさんも海外でやけどでお困りの際はお試しください!

 

それでは!