はじめてひったくられそうになった話

NO IMAGE

f:id:nobuhidematsubara:20180704114751j:image

みなさん、こんにちは!松原です。

 

カンボジア滞在も後半戦に入ってプノンペンに滞在しております。

 

今日は想像以上のプノンペンの発展さに驚きながら、夕食をとるために外出していたのですが、帰り際はちょっと川沿いまで行ってみたいと思い歩いていました。

 

行き着いたのはトンレサップ川とメコン川の合流地点。対岸の明かりが川に反射してきれいな夜景を見ながら一息ついたら、ホテルまで若干距離があったのでそこからはトゥクトゥクを使うことに。

 

f:id:nobuhidematsubara:20180704114805j:image

 

ただ、ドライバーにホテルの名前を言っても通じなかったので、近くのマーケットまで連れて行ってもらうことになりました。

 

念の為トゥクトゥク乗りながらGoogle Mapを確認。(私も最近知ったのですが、GPSは情報の受信だけなので一度地図を読み込んでしまえば現地のSIMやインターネット環境がなくてもマップは使えます)

 

すると、トゥクトゥクの左後方からやたら近づいてくる二人乗りのバイクが。違和感を感じたのも束の間、地図を確認しているスマホにサッと腕が伸びてきました。

 

一瞬、「やべっ」と思いましたが、スマホの裏側にあるバンカーリング(ホルダーリング)に指を通していたため、簡単に手から離れることはなく持って行かれることはありませんでした。

 

買い替えたばかり&今後数ヶ月日本に帰る予定がないのでひやりとしましたが、自分の防犯意識の低さに改めて反省しました。

 

いままでインドネシアやバングラでの滞在、その他の国でも窃盗には気をつけろとは言われるものの実際に遭遇はしてことなかったので気が緩んでいました。。。

 

盗まれるの前提で気をつけるのって人を疑わなくちゃいけないので好きじゃないのですが、そういう考え方に甘さが現れた結果でしたね。

 

いい教訓をバングラに持って帰れそうです。

 

みなさんも海外に渡航の際はお気をつけください。

 

それでは本日はこのへんで!