海外にいるからこそ日本のこともっと知りたいし、色々やってみたい

NO IMAGE

f:id:nobuhidematsubara:20180612220043j:plain

みなさんこんにちは!松原です。

本日は先日の梅狩りにつづいて梅ネタ。

▼梅狩りについてはこちら

www.nobuhidematsubara.com

SPONSORED LINK

海外の友人におすそわけしたい

先日、大きなスーツケース2つ分収穫した梅ですが、大半は梅干しに一部を梅酒作りにします。

 

収穫してからスーツケースに入れっぱなしにしてしまっていた梅ですが、さすがに腐らせてしまうと思ったので本日オープン。

 

スーツケースの中は自然な暖かさに包まれ、収穫時には青かった実もほんのり赤みが増していました。

f:id:nobuhidematsubara:20180612221217j:plain

 

このあとは梅酒にする分は一旦凍らせます。

普通に梅酒を作ると、つけ始めてから6ヶ月から飲み始められて1年後くらいが飲み頃らしいです。

一方、凍らせると1ヶ月後には飲み始められるという裏技。

梅の組織が壊れやすくなるのでしょうか。梅農家さんもすすめる方法です。

 

幼いときは梅酒といえば祖母がつくっているイメージでしたが、この歳になってやっと自分でつくってみることができそうです。

 

また、僕が梅酒を作ってみたい理由として、梅酒が好きという理由もあるんですが、梅酒って海外で人気があるんですよね。

 

インドネシアにいたときにお土産で持って行って友人とよく飲んでいたのを思い出します。毎回、「今度日本から来るときは梅酒もってきてくれ!」って言われるほどです笑

 

そんなコミュニケーションの中で、梅酒ってどうやって作られてるんだろう、そもそも梅ってどうやって育てられてるんだろう、なんて思うわけです。

 

今回、梅をかって、梅酒を作ることで、そのような疑問は解消されますし、インドネシアの友人にも自信持って話すことができます。こうやって日本のこともっと知りたいし、色々やってみたいわけです。

 

また、話すだけじゃなくて国をまたいで「おすそわけ」してみたいです。

 

ご近所さんのように良くしてくれた人たちなので何かこういった形でお返ししたいですね。

 

こういうやりとりを気軽にできたらと思うので、もっと世界が近くなったらなあなんて思った日でした。

 

みなさんも今の時期、梅酒づくりぜひ。

 

それでは本日はこのへんで!