Instagramって寄付できるようになってるんだね

NO IMAGE
みなさん、こんにちは!松原(@matsubara_nobu)です。
中国でSNSに飢えつつバングラに到着してインスタグラムを開いたところ、ある広告を発見したのでそのお話を。

 

 

SPONSORED LINK

インスタグラムからNPOへ寄付を

フローレンスってNPOご存知ですか?

病児保育など子供にかかる社会課題の解決を目指す日本のNPOです。代表の駒崎さんはよくメディアにも登場するのでご存じの方も多いかもしれません。

そんなNPOフローレンスがインスタグラムにこんな広告を出していました。

f:id:nobuhidematsubara:20180109201454j:plain

photo via instagram npoflorence

なんと、「寄付する」ボタンがあるじゃないですか。インスタグラムってこのような広告だせたんですね。僕が気づいてなかっただけかもしれませんが。。。

他のSNSが文字で訴求するのに対してインスタグラムは視覚での情報量が圧倒的に多いので、ロジックというより感情に響きやすい面があると思います。

寄付のアクションが起こるのは人の心が動いた瞬間と言われるので、個人的には他のSNSよりもコンバージョン高くしやすいような気がしているのですがどうでしょう?

特定のハッシュタグをつけることで寄付になるキャンペーンは時々見かけますが、今回のような例を集めてどれくらいの効果があるのか調べてみたいものです。

とは言うものの、この「寄付する」ボタン、実際に押して見るとその場で寄付メニューを選ぶのではなく、ランディングページに飛ぶので、他の広告の「詳しくはこちら」ボタンと表記が違うだけかもしれません。

視覚(写真)は瞬時に心に響きやすい一方、言葉に比べて賞味期限が短いようにも感じます。インスタグラムで寄付を促す際にはもう一段階工数を減らせるとSNSの特色にも合うのではないでしょうか。

昨今、企業がNPO向けに様々なサービスを提供しているなか「寄付する」という表記がNPOのための広告メニューなのでしょうか。他にもインスタグラムがNPOに優遇措置等とっているとかご存知の方いたら教えていただけると嬉しいです!

それでは今日はここらへんで!