和食

NO IMAGE

f:id:nobuhidematsubara:20180613233702j:plain

みなさん、こんにちは!松原です。

ぼく、海外でインターンとかしていると「フットワーク軽いね」とかよく言われるんですけど、けっこう出不精な傾向があってこの数日も基本的に家で過ごしていました。笑

 

が、さすがに出なすぎたんで今泊めてもらっているシェアハウスの住人に連れられて友人の営む食堂に行ってきました。

 

頂いた食事がこちら。

f:id:nobuhidematsubara:20180613234506j:plain

うまい食事の撮り方をだれか教えてほしい。。。笑

メニューは日替わりかつ1日1種類、20食分のみ。なので入店と同時に注文することもなく作り始めてくれます。

今日のメニューはズッキーニのナス味噌ステーキ、たまご蒸しのきのこあん、白菜とキャベツの梅和え、ナスと味噌のお味噌汁、それからおまけの青豆豆腐?でした。

日本に帰ってきてからというものの日本食らしい日本食って食べていなかったので丁寧に作っていただいたこの食事は本当にやさしさに包まれて幸せでした!

 

家にこもっていると、簡単に済ませるためにコンビニ食等が多くなって適当に食べてしまうことが多いのですが、ちゃんとしたご飯食べると元気出ますね。

 

バングラの食事の文句を言うわけではないですが(笑)、毎食カレーとはやっぱり違うエネルギーを感じます。

海外にいるときはあんまり日本食が恋しくなるタイプではないのですが、今日は自分が日本人であることを久しぶりに感じましたね。

帰国の際は定期的に通いたいところ。

 

美味しいご飯を食べて元気が出たあとは、友人と今後卒業するまでにやりたいことを書き出してみました。

 

f:id:nobuhidematsubara:20180613235706j:plain

友人と一緒に書き出したPost-it

10分間思いつく限りばばーっと書き出してみて、とりあえず着手できる順番に並べてみる。

それから卒業までに必ず本気でやらないと絶対に後悔するものをピックアップ。そしたらぼくの場合は「大学院合格」と「ウユニ」

大学院は言わずもがなですが、ウユニは実は高校1年から片思いを続けている場所。

2011年、高校の生物の先生が授業に持ってきた雑誌「ニュートン」で特集されていた天空の鏡。授業後に先生から借りて目に焼き付けるように見ていたのを今でも覚えています。

見開きいっぱいに広がる青い世界。死ぬ前にかならず行くとその場で心に決めました。

 

大学に入学してからもウユニに行きたいがために第二外国語はスペイン語を選択しました。(2年習っても自己紹介くらいしか覚えてないですが泣)

ぜひもう1回スペイン語勉強しなおして飛び立ちたいですね。

 

ちょうど雨季の見頃である2〜3月ごろはバングラの滞在も終わっていますし、ぜひ実現したいところ。こんな7年前の自分の気持ちを未だに覚えさせてくれているものは他にはないですし、和食に続いてエネルギーの湧く時間でした。

 

このように自分のやりたいこと書き出してみると、ふと何か思い出すかもしれないですし、活力も生まれます。

みなさんもぜひ。

それでは本日はこのへんで。