大学4年が休学して海外インターン渡航前日に思うこと

NO IMAGE

f:id:nobuhidematsubara:20180202214438j:plain

みなさん、こんばんは!松原(@matsubara_nobu)です。
いよいよ明日、バングラ渡航となりますが、本日は大学4年が学生生活残りわずかにもかかわらず休学して海外インターンに行く前に思うことをお話できればと!

 

SPONSORED LINK

環境をかえることは心の栄養

近年は航空券も以前より比較的安くなり学生でも海外旅行に行くことが用意になりました。なので、海外に行く人は少なくないと思うのですが、旅行でも渡航前はワクワクしますよね。

日常を離れて非日常の世界に足を踏み入れることは刺激になりますし、活力を得る要因となります。

僕もそれと同じでいまとてもワクワクしています!

加えて、学生生活の中で半年以上の留学に2回行く人は極稀にあいますが、半年以上の海外インターンに2回行く人ってそこまで多くないんじゃないかなと思います。

3年前にインドネシアに滞在した際の反省を活かして、再チャレンジできることはとてもありがたいです。

同期は3ヶ月後には働き始めるので同じように働くことを新たなチャレンジにすればいいじゃんとの意見もあるかもしれませんが、今思うとあまりのもインドネシアの際の反省点が多すぎるのでそれを拭ってから卒業したいという気持ちもありますね笑

日本でやりたいこともある

そんなこんなで、海外渡航にワクワクしている一方、日本でもやりたいことがあります。

やりたいことと言ってもなにかプロジェクトをやりたいわけじゃなくて、大学の同期が卒業する前の貴重な残り3ヶ月、彼らと過ごしたい気持ちもありますね。

大学1年の末にインドネシアに渡航した際は正直他の選択肢と比較して渡航を選んだわけではないので軽やかな足取りで向かっていたと思います。

ただ、今回は他にもやりたいことがあるなか渡航を選んだ以上、より頑張らなくちゃなと思う気持ちが強くなりますね。

大学後半でお世話になった人たちに恩返しの気持ちも込めてバングラで精進したいところです。

まあ、同期とは一緒に過ごさないわけだけど、めちゃくちゃおもしろい、興味深い話を持って帰れるようにしよう思うので楽しみにしてろよ!ってかんじです笑

そんな感じで、頑張らなきゃいけない理由がたくさんあるので明日からバングラ楽しんできます!現地からも随時情報発信を継続していくのでお楽しみに!

それでは!