日本語教えてたらバングラに詳しくなった

日本語教えてたらバングラに詳しくなった

1ヶ月教えていた日本語ですが、彼らの日本語が上達するだけでなく、ぼくもバングラデシュについてくわしくなってきました。

毎日おすすめの食べ物とか場所とか、有名な人とかの発表を聞いていたらいままで知らなかったバングラデシュの姿がたくさん見えてきて、割とオフィスにこもった一ヶ月でしたが、世界は広がりましたね。

例えば、バングラデシュのお金の話。

お札をテーマにそこに描かれているものを説明してもらうことで、バングラデシュの歴史や文化を学ぶことができます。

あるお札には国鳥が描かれていますし、あるお札にはとても歴史のあるモスクが描かれています。

 

また、お菓子についても詳しくなりました。

バングラデシュでよく聞くお菓子でピタという種類のお菓子があるんですが、〇〇ピタといろいろな言葉と組み合わせて使われるため、そもそもピタってどういう意味だろうと思っていました。

しかし、生徒たちの発表を通して「米粉」を使ったお菓子の総称をピタと呼ぶことがわかりました。

通りでピタを食べるごとにお餅を焼いたときの香りを思い出していたわけです笑

そんなバングラデシュのお菓子を紹介している動画もありますのでよろしければぜひ見てみてください。

 それでは本日はこのへんで!