飽き性がブログを1年間継続できた、たった2つのポイント

飽き性がブログを1年間継続できた、たった2つのポイント

今朝、はてなブログからブログ開設から1年が経過したとのメールが届きました。

そろそろかなと思ってはいましたがしっかりと告知をされると嬉しいものですね。飽き性なので1つのことをコツコツ続けるのが苦手だったぶん1年続いたというのは自信になります。

ただ、1年書いてみた所感としてはそこまで継続することは難しくないんだということに気が付きました。継続にあたって気をつけていたのはたった2点。

本記事ではその2つのポイントについてお話したいと思います。(あくまで継続するための話で稼げるようになる話とはべつものです)

SPONSORED LINK

目的の優先順位を明確にする


まず大切になるのが「目的の優先順位」です。

ブログを始めようと思い立つ理由は、みなさん様々な背景があるかと思います。

例えば、「新しいことに取り組むからその備忘録として残しておきたい」とか「人に見られる場で文章を書くことで文章力を上げたい」とか、はたまた「ブログで稼ぎたい!」とか。

そして、これらの目的は1つではなく複数のものが混在することが多いかと思います。「自分の頭を整理するついでにお金も稼げたらいいなあ」など。

しかし、個人的にはここに落とし穴があると思っていて、このいくつかある「目的の優先順位」をつけることが非常に大事になってきます。

なぜなら、最初は「備忘録」のために始めたはずが「お金稼げないからモチベーションが上がらない」なんてことになりかねないからです。

この記事を読んでいる人は心当たりのある人も多いのではないでしょうか?でも本来の目的とは関係ないことに気持ちを邪魔されてしまったら本末転倒ですよね。

例えば、ぼくの場合、もちろん文章力を上げたいとかお金を稼ぎたいという気持ちもありますが、何よりも大事にしているのが「継続することそのもの」なんです。

なんでかというと、このブログの継続によって「飽き性」というレッテルをはがしたいと思っているからです。

継続できればいままでの継続できなかった自分とはおさらばできると思ったのでこの目的を第一優先としています。

そのほかのことはただおまけです。笑

文章力もお金も正直気にしません。目的の優先順位を明確にしてそれを守ることが大事です。

自分のペースを守る


そして、もう1つポイントが「自分のペースを守る」こと。

ブロガーというとSNS上がマウンティングの嵐のような状況になっていて疲弊してしまう人もいるかも知れません(便宜上このような表現を使いますが結果を出している、努力しているブロガーさんは本当に尊敬しています笑)。

しかし、周りを見たところで結局自分の「目的」を達成できるわけではありません。

彼らは彼らの「目的」に従って動いているだけなので自分のペースを守るように努めるのがいいと思います。

例えば、「ブログは毎日1000〜2000字書くのが大事だ!」なんて意見があったとしても気にすることはありません。もちろんそれをこなせば読者や閲覧数は伸びるでしょうけど、それに疲れてブログが嫌になっちゃったらしょうがないですからね。

300字の日もあれば3000字の日があってもいいでしょう。

ぼくは2018年の1月から毎日更新することを心がけているんですが「毎日更新する」ことは基本的に守るようにして字数の制限は設けていません。疲れた日はイベントのシェアでもしてさっと片付けます。

この姿をみて友人から「燃費いいよね」と言われたことがあります。余分なエネルギーは使わずにまっすぐ前を向いていればいいのでしょう。

チャレンジの種類や大きさは人それぞれです。自分が必要だと思ったものを自分のペースで乗り切りましょう。

SPONSORED LINK

おわりに

以上、飽き性のぼくが1年ブログ続けてみて感じた、継続に必要だと思う2つのポイントでした。

最近盛り上がりを見せているブロガーやアフィリエイターと呼ばれる人たちから見たら全然至らない考え方なんでしょうけど、ブロガーとして、もしくはアフィリエイターとしてやっているわけではなく、一個人としてブログを書いているので個人の思いが少しでも豊かになればそれでいいのではないでしょうか。

ブログの継続を目指す方の参考に少しでもなれば幸いです。それでは!

あわせて読みたい

【ブログ初心者必見!】ブログネタに困った人にすすめるたった3つのこと